TOP

高円寺キャバクラで稼ぎたいならまずは体入から!情報は体験談を参考にしてみてください。

彼氏にバレない!高円寺のキャバクラ体入でいっぱい稼ごう

高円寺のキャバクラで働きたいけど、彼氏にバレたら何かと面倒…。そんな貴女に、「キャバクラ勤めが彼バレしないための対処法」をご紹介します。【1.ブランド物を買わない】キャバクラで働くと、一般的な昼職とは比べ物にならないほど短時間で高額なお金を入手できます。お金をあればあるだけ使ってしまう人は要注意。急に彼女が豪遊を始めれば彼氏も何かあったんじゃないかと疑ってしまいますよ。とくに注意したいのがブランド品。今まで手にしていなかったブランド品を次から次へと買うようになれば、鈍感な人であってもあれをどうやって買っているのかと疑問を持ってしまいます。彼バレしたくなければ、稼いだお金はすぐに使わず今後のために貯金しておくのが賢明です。金銭感覚のズレはキャバ嬢や風俗嬢でなくても、彼とのお付き合いの弊害になってしまうようです。細心の注意を払いましょう。【2.携帯電話の取り扱いに注意する】キャバクラで働き始めてからお店用とプライベート用の携帯電話を使い分けるようになった人は要注意。「何で携帯二台持ってるの?」と聞かれたら焦らず怪しまれないように答えられる自信はありますか?携帯電話を使い分けるなら、絶対彼氏にお店用携帯電話を見られないようにするか、仕事用などと誤魔化しきれるように日頃から受け答えの準備をしておくべきです。またお客さんとの営業メールのやり取りや通話履歴が彼に見られてしまっては一発でアウトです。証拠の品はこまめに消しておく、お客さんの名前を女の子の名前で電話帳登録しておくなどして対処しましょう。【3.彼氏の扱いをぞんざいにしない】キャバクラで働くまでは毎日夜に電話をしていたのに、働き始めてからは全然電話に出なくなったことでバレてしまうケースもあります。週に何回も夜間に連絡がとれないとなると、怪しまれてしまうかもしれません。彼のために夜に予定を空けてしまうと、キャバクラで思うように稼げないと悩んでいる方もいると思います。しかし、ここは彼氏との仲とお仕事のどちらを優先させるか一度ゆっくり考えた方が良いと思います。最悪浮気を疑われかねません。【4.気が利くのも考え物】キャバ嬢として働いていると、とっさにタバコに火をつけてあげたり、コップが汗をかいているときはハンカチで拭いてしまったりと、ついついキャバクラ嬢のくせが出てしまうようになります。結構このしぐさでバレてしまうこともあるみたいですよ。水割りを作るのが異様に慣れているなども、水商売で働いているのかと疑われる一因。キャバ嬢ならではのくせには気をつけましょう。【5.自分のことを源氏名で呼んでしまう】普段から自分のことを名前で呼んでいる人は要注意!キャバクラ内で自分のことを源氏名で呼んでいると、ついつい彼氏といるときに源氏名で自分を呼んでしまうなんて間違いを起こしかねません。気をつけてくださいね。以上5つのことに気をつければ、彼氏にばれずにキャバクラ勤めができるはずです!まずは気になる高円寺のお店に体験入店(体入)してみましょう!高円寺キャバクラ体入探すならショコラを参考にしてくださいね!

なんとなく高円寺キャバクラに体入に

高円寺のキャバクラに入ってから半年くらい経ちました。適当に見た高円寺キャバクラ求人に高時給って書いてあったのでそれに釣られて応募して体入に行ったんですけど、最初は何も出来ませんでしたね。とりあえず先輩のヘルプについて何してるかとかどうすればいいのかとかを見てました。一応真面目にメモにも残したりしてたんですけど、メモなんてバイト中は持ってられないし、やっぱり体で覚えなきゃいけないなって思いましたね。とりあえず先輩のマネして色々やってみて、あとは自分で考えました。それでも最初のうちは色んなお客さんに対応出来なくて辛かったけど、続けられたのは体入のときから高時給だからでしたね。お給料がたくさんあるともうちょっと頑張ったらもっと多くなる!っていう希望が持てるんですよ。これでお給料安かったらすぐにやめてたと思います。そんな感じでお給料に支えられながら続けてやっと半年、最近はやっと自分の接客とかも固まってきて、常連で来てくれるお客さんもいますよ。

高円寺のキャバクラ、舐めてました

今までバイトは接客系をやってきてたんですけど、接客にそんなに力入れてなかった店ばかりだったので、高円寺のキャバクラのバイトを始めた時はすごく大変でした。この高円寺のキャバクラ求人はインターネットで見つけたんですけど、最初は体入からお給料多いし欲しいものたくさん買える!っていう楽しみしか浮かんでこなかったんですよね。それでそこに載ってたキャバクラに体入に行ってバイトを始めてみたら大変さに落ち込みました。まず他の女の子より良いって思ってもらうためにも綺麗にならなくちゃいけないし、それに話し方とかも今までのだと全くダメって言われました。ちゃんと喜んでもらえる話し方と受け答えが出来るように先輩を見て勉強してって言われたけど、マネってなかなかすぐ出来るものじゃないですよね。楽だと思ってたキャバクラに入ってやっと社会の厳しさみたいなものが分かったような気がします。今は頑張った甲斐があって指名もとれるようになったし、なんとかやってますよ。

高円寺キャバクラ体入のきっかけ

高円寺のキャバクラで働いていますが、キャバクラの体入に行ったきっかけは友達の紹介でした。最初は助っ人として、人が足りないから入ってっていう感じで体入に行ったのでキャバクラ求人とかを見たわけではないんです。1回助っ人として入ってみたら店長が気に入ってくれたのと、自分としてもけっこう楽しかったのでそのまま正式に入店することにしたんです。その時はまだ他のバイトをしてたので夜短い時間だけ働いてましたが、高円寺のキャバクラの方がお給料は当然いいのでやってたバイトを辞めて1本に絞ることにしました。1本に絞ってからはかなりのペースで働きましたね。1か月のお給料がすごく多くてびっくりした時もありました。少し経つと慣れてきて指名もとれるようになるし、そうなるとインセンティブも入ってもらえる額が大分違ってくるんですよ。そうなるとキャバクラは辞められなくなりますね。これからも指名がとれなくなるまでは続けようって思ってますよ。